「あっ、これは良作だな」ってゲームの特徴